お金に関係する仕事が多い

>

おすすめの金融機関を紹介しよう

融資される時に必要なこと

金融機関から融資を受けるためには、審査を通過しなければいけません。
そのためには、社会的な信頼が重要視されています。
何年も会社を経営していて、成功させている人は社会的が信頼が高いと言えます。
融資してもしっかり返済してくれるので、金融機関はお金を貸してくれるでしょう。
しかし、経営年数が短い会社は社会的な信頼が低いです。
ですから審査が厳しい金融機関の場合は、融資を断ることがあります。

依頼人が融資を受けられるように、ふさわしい金融機関を紹介してください。
経営年数や、年間の利益などを考慮するとすぐに見つかるはずです。
また、高額な金額を借りすぎないように注意させましょう。
借りる金額が高いと、審査が難しくなります。

正しい書類の書き方

融資を申し込む際は、書類を用意しなければいけません。
書き方を教えるのも、税理士の仕事になります。
名前や住所などを正確に記入することはもちろんですが、何のために融資が必要なのか、どのくらいの期間で返済できるのかを具体的に書くことが重要です。
具体的に返済計画が決まっていれば、審査を通貨しやすくなります。

また、金融機関に依頼人が相談する際に同席します。
悪質な金融機関は、法外に高額な利子を請求することもあります。
おかしいと思った場合は、すぐに融資をキャンセルしてください。
依頼人はおかしいとわからないかもしれないので、税理士が良い金融機関なのか判断しなければいけません。
依頼人をトラブルに巻き込まないよう注意しましょう。


TOPへ戻る