お金に関係する仕事が多い

>

経費を削減するために

会社から依頼される場合

中には、経費が少なくて困っている会社が見られます。
税理士はそんな会社の手助けをすることも、仕事に含まれます。
節税の方法を伝えてください。
ですから税理士になるためには、知識をたくさん養わなければいけません。
脱税は法律で禁止されているので、依頼人に方法を教えてはいけません。

自分も、会社の責任者も捕まるので責任を背負うことになります。
何が脱税で、何が節税なのかきちんと理解してください。
それなら依頼人から相談された時に、会社に合う方法を見つけられるはずです。
税理士になってからも、勉強を続けると良いですね。
するとさらに良い節税の方法がわかるので、依頼人にアドバイスできます。
たくさんアドバイスをすると、自分の評判が良くなるでしょう。

これまでのお金の使い方

依頼人の会社が、これまでどのようにお金を使ってきたのか調べてください。
すると、改善する部分が見つかると思います。
無駄遣いをやめるだけでも、使用できる経費が増えます。
依頼人に、どうしてお金を使ったのか理由を聞くと良いですね。
するといらない部分だと判断できるかもしれません。
うまく節税するためには、依頼人の話をたくさん聞くことが重要です。

依頼人とコミュニケーションを取ってください。
お金のことは、重要な話です。
信頼関係を築いていないと、依頼人も詳しい情報を教えてくれないでしょう。
しかし情報が少ないと、その会社に合う節税の方法を教えられなくなってしまいます。
どんなに些細なことでも良いので、気になった部分があれば話を聞いてください。


TOPへ戻る