お金に関係する仕事が多い

>

たくさん勉強して税理士になる

個人から依頼される場合

税理士は個人からも会社からも依頼されることがあります。
個人の場合は、自分が支払う税金の金額などがわからないといった内容で相談されることが多いです。
遺産を受け継いだ時に、相続税が発生しますが、理解できない人が多いので金額を計算してあげてください。

税金に関する質問をされたら、わかりやすく応えてください。
専門用語を使っても、1回も勉強したことがない初心者は理解できるはずがありません。
また何度も質問されるでしょうが、怒らないで相手が理解できるまで答えましょう。
なかなか相手が理解できない場合は、こちらの説明に問題がある可能性が高いです。
簡単な言葉にすぐ置き換えられるように、複数の言葉を知っておくことが重要ですね。

書類の記入を代行する

納税する際は、書類に必要事項を記入する必要があります。
税理士は、唯一書類の記入を代行できる職業になります。
初心者が書くと、1枚の書類を完成させるまでかなりの時間が掛かってしまう可能性があります。
ですから時間のない人が、税理士に代筆を頼んでいる傾向が見られます。
依頼されたら、すばやく書類を完成させることはもちろんですが、絶対に間違えないでください。

間違える納税する際の金額も間違えるので、依頼人に大きな迷惑を掛けてしまいます。
事前に必要な情報を、しっかり聞いておきましょう。
また、書き方を教わる人も見られます。
どこに何を記入すれば良いのか丁寧に教えてください。
依頼人がスムーズに納税できるように協力しましょう。


TOPへ戻る